山形でHAPPYに暮らすための地域情報ポータルサイト
エリア情報
0929
店舗
0277
商品
0298
クーポン
0024
イベント
0139
採用情報
0051
街の声
0124
記念日
0002
特集コラム
0038
2022.09.22
【10月号巻頭特集】山辺町

美しく懐かしい日本の原風景。
守る、つなぐ。棚田百選黄金色の風が渡る大蕨の棚田
 
自分達が守る!伝統と美しい日本の原風景
緑豊かな山間部を抜けると一気に広がるのどかな風景と視界いっぱいに広がる空。そんな開放感あふれる風景の中、緩やかに伸びる山肌一面に棚田が続いています。
山辺町大蕨の棚田は1999年7月、農林水産省の日本の棚田百選に選出されました。棚田は傾斜地に階段状に作られた水田で、国土保全や景観・文化の継承などの役割も果たしています。昨今、農家の担い手の減少や高齢化に伴う荒廃の危機にあるなか、大蕨の棚田は地域とボランティア等との協働で棚田再生と地域活性化に取り組んでいます。その成果は棚田再生の拡大にとどまらず、2021年「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」コミュニティ部門優秀賞を受賞し、「つなぐ棚田遺産」にも登録されました。
江戸時代初期から記録が残る大蕨の棚田は、刈り取った稲束を杭掛けして天日乾燥するスタイル。その伝統を守り、黄金色の稲束をまとった稲杭が秋深まる山を背に規則正しく並ぶ様子が最も美しい景観です。渡る風に揺れる黄金色の波が、人々の笑顔とともに黄金の杭に変わっていく、そんな美しく懐かしい日本の原風景がここで守られています。
皆さんも趣ある黒塀の通りを歩いてみませんか。
 
 
ふるさとを代表する世界一の景色をこれからも
大蕨の棚田に稲杭が整然と立ち並ぶ様子は、江戸時代から引き継がれた、まさしくふるさと山形を代表する原風景です。しかし棚田百選に選ばれて10年程たつ頃、後継者不足等で約7割も耕作放棄されていたのです。子供のころから慣れ親しんだ棚田の風景を次の世代に残したいと、2011年3月に会を立ち上げました。会員は現在98人で、東京や仙台など県外の方や海外転勤になっても継続してくれる方もいます。毎年参加の方も多く、ふるさとに帰ってくるような雰囲気で農作業や菜の花摘み、蕨取りなど大蕨と棚田を楽しんでいます。
モンテディオ山形や山形交響楽団にも賛同・ご協力いただいています。当初40aだった棚田再生目標は皆さんの力で現在2.5haまで広がりました。田植え、稲刈りを一緒に行い丹精込めて作られた米は、大蕨の棚田米というオリジナル商品として重要な活動資金になります。農作業体験やイベントを通して地域の方との交流することで取り組みや棚田を知って応援してほしいですし、棚田に愛着も持ってもらえると思います。
萌黄から緑へ移りゆく春山を映す水鏡。秋は稲穂が頭を垂れて黄金色になり波のように揺れ始める季節が最高に綺麗です。稲杭が1000本整然と立ち並ぶ景色は、県内外から多くのカメラマンが撮影に訪れる世界一の景色だと思います。
大蕨地域は人口が減少しています。しかし交流人口が増えれば地域に活気がでます。そのためにも面白いこと、地域の活性化と経済還元ができるような企画を続けていきたいと思います。
 
 
皆の力でよみがえった棚田と特別な日のごちそう米
「有志の会」は現在15人程で活動しています。再生した棚田の農作業や、景観を守るため草刈りをしたり彼岸花を植えたりもしています。農夫の会が一生懸命棚田を守ってくれるので、地元としても頑張れますね。
一番大変なのは水管理です。ここは川がないので、湧水と雨水に頼っています。ため池から水を分配していますが、水量や水まわしなど調整が難しいです。湧水は冷たくそのままでは生育が遅れるので、水をまわして水温をあげることも必要になります。天日乾燥もそうですが、棚田は自然と共生し手間がかかるのです。
天日乾燥は稲杭掛、かえし、脱穀と、通常の何倍も手間をかけてじっくり乾燥させます。棚田から取れる米は他より収量が少ないですがとにかくおいしい米です。特別な日に楽しむ特別なお米としてぜひ食べ比べてみてください。
皆さんの協力で棚田は本当に綺麗になりました。景観を見て頂けるよう車いすでも一周できる道も舗装してもらっています。これからも棚田を守っていかなければと思っています。

※棚田の美しい風景は皆さんの協力で守られています。写真撮影に訪れる際は、農地へ踏み込まず、現況維持・交通安全に注意してください。

2022.08.22
【9月号巻頭特集】中山町

自然と調和した情緒ある美しい景観を歩く
〜地域に守られ受け継がれる 屋敷群と黒塀の町並み〜
 
歴史と自然豊かな、しっとりとした趣ある町並み
江戸時代、最上川の酒田船の終着河岸にほど近い中山町岡地内には、旧柏倉家住宅(国指定重要文化財)をはじめとする当時の豪農屋敷が残り、屋敷を囲う黒塀が趣を見せています。この黒塀はもともと広大な屋敷と庭園を擁した旧柏倉家が最初に張り、周囲に建てられた分家や隠居別居した屋敷でも同様に黒塀を巡らせていったものではないかと伝えられています。その総延長は約1,000mにもなり、当時の威風を想像させます。また、黒塀だけでなく昔ながらの屋敷の佇まい、黒塀越しに悠然と立つ蔵の白さ、周囲の水路や豊かな自然、そしてそこに息づく生活感が相まって、重みと歴史を感じさせる情緒に繋がっています。
黒塀はその黒さが趣を醸し出す要。この町並みと景観を守るため、地域の方たちが黒塀の塗り直しや見回りなど保全活動に努めているとのことです。また、日本遺産「山寺と紅花」の構成要素でもある紅花栽培やひなまつり等を通して、地域の活性化が図られています。
皆さんも趣ある黒塀の通りを歩いてみませんか。
 
 
Q.どのような保全活動を?
飯野 「黒塀守り隊」を結成して黒塀の補修や塗作業をしています。現在コロナ等で活動は減っていますが、黒塀を持つ分家当主から依頼があって今年も準備をしているところです。
後藤 黒塀は相当な面積があり保全は一個人や一団体だけでできるものではないので、協調しながら、また地域の皆さんの力をかりて黒塀を守っていくことが大事だと思っています。「黒塀と豪農屋敷」がこの地域のポイントなので皆で残していかないといけません。
飯野 一度お手伝いしただけでも自分が塗ったという思いが蓄積され愛着がわくので、なるべくオープンにしていきたいと思っています。

Q.屋敷等を活用した取り組みは?
後藤  旧柏倉家住宅(九左衛門家)では一畳雅廊という展示スペースを設けて、季節ごとに柏倉家ゆかりの品を展示しています。また、柏倉清右衛門家・アトリエやませでは紅花まつりにあわせて、ブローチ製作等のものづくりワークショップを開催した他、定期的に紅花染めワークショップを開催しています。
飯野 旧喜作家で岡縁里という居場所作りとOraiカフェをしています。紅花まつりのときに敷地開放して夏まつりをしました。周辺を回ってくださった方が多かったです。冬の雪遊びなど子どもと高齢者の交流もしています。

Q.地域の案内やガイドは?
後藤 地域の町並みガイドはありませんが、中山町観光協会に観光ガイドひまわり会というのがあり町内の観光地を案内しています。この岡地区はコンパクトに回れる地区で昔からの歴史ある道が通っているので、観音堂や公開している豪農屋敷を見て昔の精神文化や町並みの雰囲気を周遊して楽しんでいただけます。
飯野 道が複雑に入り組んで高低差もあるので、歩くと変化が楽しめるところです。実際暮らしている方がいて生活が感じられる、地味でもそれが魅力だと思うのです。朴訥で上手に案内はできないかもしれませんが、岡縁里にお寄りいただければできるだけ対応したいと思います。

Q.読者へメッセージを
後藤  中山町は県内で一番小さい町ではありますが、ちょっと入ると見どころ食べどころがたくさんあります。ぜひいろいろなところを見て体験して食べて、楽しみに来てください。

2022.07.15
【8月号巻頭特集】大江町

山形県内最古の歴史が花開く100周年!
〜水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会〜
 
華やかで迫力ある花火と鎮魂と祈りの灯ろう流し
県内最古の歴史を誇る「水郷大江夏まつり灯ろう流し花火大会」が、今年100周年を迎えます。県内初の重要文化的景観に選定された、最上川を含めた自然と歴史・生活が融合した風景の中、上空には迫力あり心浮き立つ花火が、川面には灯ろう流しの幻想的な灯りがゆらめきます。
花火は町内の楯山公園、柏瀞、千本原3か所から約4,000発打ち上げられます。複数個所を活かした連続花火や同時打ち上げはまさに圧巻。今年はさらに2尺玉(20号)を例年より増やすそうで、夜空一杯に煌めく花火と身体に響く音を全身で感じられそうです。また、水難者供養から始まったとされる灯ろう流しも、今年は町内の子ども達だけではなく全戸の協力で例年より多い約3,000個用意され、故人を偲ぶ想いや願いを乗せて流されます。他にも100周年記念としてヘリコプター遊覧や熱気球の搭乗体験(要事前予約)、記念品販売などもあるそうです。熱気球は夜間も予定されているので、普段とは違った視点から花火を楽しめそうですね。
華やかな花火と祈りの灯ろう流し、それらを伝えてきた100年の歴史は次の100年への一歩を踏み出します。花火と歴史の大江町を散策し、花火大会と灯ろう流しの風情を楽しんでみませんか。
 
 
花火~カウントダウン50日前~(6/26)
この日は3号玉(直径9cm)と4号玉(直径12cm)が打ち上げられました。打ち上げの勢いでひっくり返らないようにがっちり固定し、遠隔操作で点火します。大江町の花火大会のように3か所同時打ち上げは珍しいとのこと。本番は2社合同で行い、花火師約18、9名で対応するそうです。目玉の2尺玉(20号)は直径60cm!約70kgが上空500mまで上がり、480mの大輪の花を咲かせます。

情緒あふれ体で迫力を感じられる“光と音と水の饗宴”
 
ー大江町 地域振興課観光振興係長  清野能史さん
今年は記念すべき100周年を迎え、「百世不磨」をテーマに設けました。100年200年とさらに継承していきたいという想いを込めています。
大江の花火大会は水難者供養を起源とし、灯ろう流しから始まりました。山形の母なる川最上川を彩る灯ろうと頭上に広がる迫力ある花火。大江町の花火は特に派手ではありませんが、とても近いところで打ち上げるので、臨場感にあふれ体の芯まで響きます。打ち上げ地点の一つの楯山にある朝日少年自然の家は、眼下の柏瀞から打ち上げた花火がちょうど目の前に上がり球体がよくわかるので人気のポイントです。特にフィナーレの2尺玉があがった時の皆さんの歓声はとても心に響き、枝垂れに消えていく風情とともに余韻に浸ってしまいます。
今回は100周年記念事業としてヘリコプター遊覧や熱気球搭乗なども企画しています。昨年は無観客開催だったため初めてライブ配信をしたところ、大江町出身で遠方に離れてしまった方からメールや電話で懐かしい、帰れなかったが見られてよかったという声が寄せられました。今年も昨年同様ライブ配信で遠方の方にも見ていただきたいと思います。コロナ禍でも途絶えさせることなく続けてきた思いをつなぎ、大会が次の200年に繋がるように守っていかなければと思いますので、ぜひ応援をお願いします。
県内最古の100年の歴史を誇る大会なので、コロナ対策を万全にして皆さんにご来場いただければと思います。五臓六腑に染み渡る迫力ある、かつ情緒的な光と音と水の饗宴をお楽しみください。

2022.08.18

やまがたの街9月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part2

2022.08.18

やまがたの街9月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part1

2022.07.19

やまがたの街8月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part2

2022.07.19

やまがたの街8月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part1

2022.07.15

作ってみよう!ミニレシピ

2022.06.20

【7月号の読者投稿】我が家のペット自慢

2022.06.15

夏を楽しめ!乗りこなせ! 尾花沢・徳良湖パンプトラック

2022.05.20

1500年以上地域を見守り 豊かな心を育む「東の横綱」大けやき

2022.05.20

【6月号の読者投稿】ピクニック 弁当

2022.04.14

芸人として移住し自ら切り拓いた新境地・受け入れられる居心地の良さ やまがたの人と農業に魅せられて

2022.04.14

【5月号の読者投稿】おすすめ桜ショット!

2022.03.18

【4月号の読者投稿♪】新生活応援!うちのお弁当の人気おかず

2022.03.16

煌びやかに繰り広げられる盤上の合戦 将棋のまち天童を満喫し いざ勝負、「人間将棋」

2022.03.04

【家づくりの第一歩】 vol.1 いろんな家を見て、 好みを探してみよう。

2022.02.22

高校生に聞く! わたしたちが描く「やまがた未来予想図」【第2弾】

2022.02.21

高校生に聞く! わたしたちが描く「やまがた未来予想図」【第1弾】

2022.02.20

【3月号の読者投稿♪】合格祈願!わが家の応援飯

やまがたの街の情報はSNSでも配信中!