山形でHAPPYに暮らすための地域情報ポータルサイト
エリア情報
1071
店舗
0308
商品
0318
クーポン
0030
イベント
0214
採用情報
0057
街の声
0130
記念日
0002
やまがたの街の話題・記事
0042
2023.01.16
歳神様への祈りを込めて。歴史ある上山市民俗行事「奇習 加勢鳥」

歳神様への祈りを込めて
歴史ある上山市民俗行事「奇習 加勢鳥」
 
人々の笑顔と祝い水が輝く、祈りを込めた真冬の奇習
カッカッカーのカッカッカ!
寒さが一番厳しい2月、上山市には藁蓑をかぶって乱舞する神の使いが現れます。今回はこの上山市に伝わる民俗行事「奇習 加勢鳥」について取材しました。
加勢鳥は「ケンダイ」とよばれる藁蓑をかぶって踊る歳神様の使いとされています。それに水をかけて商売繁盛、五穀豊穣、火伏を祈願する小正月の行事です。カセ鳥は稼(かせ)ぎ鳥に通じ、五穀豊穣を願う人はケンダイを稲に見立てて適度な水に恵まれるよう願いをかけて、火伏・火の用心の祈願には火の粉に見立てて水をかけるそうです。
江戸時代(1620年代)からあった行事ですが、明治時代に一度途絶えたそうです。昭和34年に有志が復活させ、今では真冬に水をかぶるにも関わらず県外・海外からも踊り手の応募があり、募集が早々に締め切られるほど地域の人々に親しまれ盛り上がる行事となりました。
上山城の祈願式を皮切りに寒空にさらした手足を真っ赤にしながら乱舞し水を受け練り歩く加勢鳥に、願いと愛を込めて祝い水を掛けに行ってみませんか。
 
今回の取材では、こちらの方々にお話を伺ってきました。
 
◉上山市民俗行事加勢鳥保存会会長  大澤 健一さん
【大澤】保存会は昭和61年に発足しました。2/11の本行事の他、コロナ禍で減っていますが学校での出前授業や老人ホームの慰問、イベント等での演舞披露も行います。
加勢鳥は歳神様の使いとされ、水をかけて商売繁盛、五穀豊穣、火伏を祈願する小正月の行事です。中にはバケツで豪快にかける方や、氷水を用意してくれる方もいるんですよ。ケンダイは水を吸うと倍ぐらいふくらんで重くなるので、午後は交換します。
ケンダイは設計図に基づいて作っています。長い藁でないとだめなので、ケンダイ用に稲の長いもち米を育て稲杭で天日干しをして藁を準備します。藁打ちをして柔らかくして選別し、ようやく編む段階になります。現在は保存会の2人が技を継承中なので頑張ってほしいですね。5,6年使えるよう顔を出す部分など補修して大事にしています。使い込んだほうが柔らかくなって着やすく、新しいのはまだ硬いので藁が刺さって痛かったりします。でも神様の使いなので寒いとか痛いとか言っていられないですがね(笑)。加勢鳥で縁起物と言われるのが落ちた藁です。引き抜かずに自然に落ちたものを拾ってお守りなどにします。
最近は若い会員さんも少しずつ入ってくれているので、これから地元の若い人たちが中心になって盛り上げてくれるといいなと思います。保存会ができたときに、踊りを作ったり太鼓を加えたり、地元の男だけだったのを日本全国男女に広げるなど基本を守りながら少しずつ時代に合わせて変えてきました。皆さんが参加しやすいようにしながら、長く続いていけばと思います。
 
◉加勢鳥応援隊 隊長 井上 真一さん
【井上】応援隊を結成して14年になります。実は加勢鳥が夢に出てきまして、役所で加勢鳥を盛り上げてほしいと言われたのがきっかけでした。調べたらなんとも面白い行事だったので、地域の活性化にもなると思って取り組み始めました。
グッズ作りから始め、加勢鳥鍋コンテストを企画し優勝した商工会青年部に当日出展してもらったり、フォトコンテストを行って選ばれたものをポストカードにしたりしました。
この行事は参加型で、とにかく水をかけます。中にはバケツやホースで待ち構える人もいるので、覚悟していかないといけません(笑)。加勢鳥も負けずにぶるぶるして水しぶきを飛ばし返します。踊り手は大変ですが、大胆なかけっぷりもやりとりするのも魅力なのです。祈願式で一人ひとり紹介され、寒い中を終日震えながらまわり、それが達成感や癖になるのかもしれませんね。
当日はカセ坊やさまざまな加勢鳥グッズを販売して収益の一部を保存会に寄付しています。いろいろな方が見に来て手伝ったり参加したり輪を感じます。保存会をはじめ皆さん一生懸命で気持ちのいいメンバーなので一体感があります。また来年きたい、そう思わせてくれます。ぜひ上山へ来ていただいて加勢鳥に参加し、またグッズの購入で応援してほしいです。
 
2023.1.16 ※コラムに掲載の記事や写真の無断転用は許可しておりません。ご了承ください。

2022.12.14
芸術文化をもっと身近に。生き生きと表現することを楽しむ 新庄市子ども芸術学校

芸術文化をもっと身近に
生き生きと表現することを楽しむ
新庄市子ども芸術学校
 
豊かな感情表現と自由な発想を大切にのびのびと楽しむ子ども達
「こんにちはあ!」元気なあいさつとともに、子どもたちが集まってきます。
新庄市には、特色ある活動を行う新庄市子ども芸術学校があります。表現する楽しさを体験することで芸術文化に親しむ気持ちを育てることを目的に平成20年から行っているそうで、演劇、吹奏楽、表現活動、造形の4つの部門にわかれて活動しています。
活動内容は違っても共通していたのは子どもたちのキラキラした目!最初は取材で緊張していた様子もありましたが、活動に入ると楽しそうに生き生きと、でも真剣な表情で集中して取り組んでいました。新庄市だけでなく最上地域から集まってきた子ども達には、学校も学年も関係ありません。一緒に活動する仲間としてのびのびと積極的に、また刺激を受けながら自分らしく表現することを楽しんでいる様子が印象的でした。
コミュニケーションや豊かな自己表現の大切さはよく謳われます。今回子ども達がそれらを自然に体現できているのは、年月を積み重ねて土壌ができていることと、自由な発想を大切に見守り伸ばす指導者の姿勢が支えているからと感じました。卒業生が指導者になっているケースもあるそうで、ますます地域全体に文化が根付き、広がっていくでしょう。これからの子ども達の活躍がとても楽しみです。

-吹奏楽部門- 新庄吹奏楽団ジュニア部
テナーサックスを担当しています。小さい頃からピアノはしていたのですが、楽しそうだなと思って小学校5、6年生くらいから参加しました。練習の機会も増えるし、新庄吹奏楽団の先生方からもアドバイスを頂けるので上達につながって良かったです。定期演奏会に参加したのが一番の思い出でとても楽しかったし自分にプラスになったと思います。中学3年で最後の年ですが、これからも吹奏楽を続けてたくさん吹いていきたいです。
(真室川中3年 佐藤明さん)
 
中学生は吹奏楽部もいますが、小学生は初心者ばかりなのでそれぞれにあった練習方法で活動しています。基礎練習を大切にしており、年度途中からでも参加できるので見学にきてくれる子もいます。皆で音を奏でて一つのものができる喜びや達成感を大事にしてもらえればと思って指導しています。ジュニア部卒業後も高校、大学と音楽に携わり活躍している様子を見ると嬉しくなりますね。今後は吹奏楽のコンクールにもジュニア部として参加できればいいなと考えています。(新庄吹奏楽団 根田愛さん)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-演劇部門- キッズシアターS
父が入っている東北幻夜の方が教えているのを知り興味を持ちました。小学3年生から参加して、セリフを覚えて大きな声で言ったり動きを付けたりできるようになりました。演技もできるようになったと思います。普段の生活でも少し大きな声で話せるようになりました。前は演劇は見るものでしたが、自分で演技をする経験ができて、裏側も知れてよかったです。他の学校の人とも仲良くなりました。将来は学んだ演劇をうまく活用できるような仕事をしてみたいです。(舟形中1年 津藤倫仁さん)
 
演劇を通して学校生活でも堂々と発表できるようになったという話も聞きます。他の学校の子どもとの交流や大人の劇団員が携わることもあり、さまざまな年齢の方と触れ合うことも経験になっていると思います。大人の劇団のようにクオリティを追求する作品本位ではなく、子ども達の体験を一番に考えて演出や指導をしています。総合芸術と言われる演劇を通して、さまざまな人たちと協力し知識をだしあって作り上げるということを学んでほしいです。(東北幻野・株式会社宮城 都市由希野さん)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
-表現活動部門- ちゃれんこ
小さい頃から母についてきて参加していましたが、1年生から本格的にはじめました。学校はバラバラだけどみんなとても仲が良くて元気よく活動しているところが楽しいです。6年間やってきたので、ダンスも大きくカッコよく踊れるようになってきました。先生が休みの時は6年生で協力して低学年に教えたりすることもあります。ダンスは楽しいので中学に行っても続けたいし、ダンスチームに入ったりしてみたいです。楽しいのでたくさんの人に参加してほしいと思います。(明倫学園6年 小向凛音さん)
 
私自身も子どもの頃に参加していました。もともと子どもの居場所づくりを目的にできた団体なので、学校に関係なく深い繋がりを見せて活動に参加し、街で会った時も声をかけあう姿を見るとあたたかい繋がりができていることに嬉しくなります。指導のときは安全面と健康面を一番に、孤立しない仲間づくりを意識しています。ややもすると恥ずかしがったりなかなか自分を出せずにいたりする子もいるので、臆することなく自分を表現できる子どもを育てていきたいと思います。(スタッフ 小向今日子さん )
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
-造形部門- パレット
もともと図工がすきで面白そうだと思って3年生から参加しています。特に絵を描くのが好きで、ここでは事前に材料など用意してもらえるのでやりやすいです。一番楽しかったのは白いTシャツに絵を描いてオリジナルシャツを作ったことで、布や他のものに描いたことがなかったので、新しい経験ができました。違う学校の人や違う学年の人の作品が見られるのも面白いです。これからも絵を描くことを大切にして、もっと上達して絵を描く有名な画家になりたいです。(明倫学園4年 武田彩維流さん)
 
工作が好きな子が多いので、自分から進んで材料を使って自己表現活動をしています。教えることはせず危険な時以外はそのまま応援するスタンスを大事に、子ども達の自主性や自由な発想を認め褒めるようにしています。この活動を通して、表現の面白さを知り自分を表す力をもってほしいと思います。素材を自分のものにし自己表現できれば、その楽しみが継続されやがて芸術の素養に繋がるかなと。まずは学校の外だからできる素材を楽しむところから体験してほしいです。(スタッフ 本木京一さん)
 
22.12.12※掲載記事や写真の無断転用は許可しておりません。ご了承ください。

2022.11.21
おもてなしの心がつくる、つながる。ここにしかない魅力発信 大石田から結ぶ虹の架け橋

おもてなしの心がつくる、つながる
ここにしかない魅力発信
大石田から結ぶ虹の架け橋
 
心地よく過ごせる地域環境づくりで将来につなげ支えるおもてなしの心
ゆったりと最上川が流れ、やわらかな空気感と人々のやさしさが感じられる大石田町。ここに、着物姿をトレードマークに地域の魅力を見つけ発信し、インバウンド整備に力を入れる方がいます。
中国留学や領事館勤務の経験と語学力を活かし外国人向けツアーガイドを務めていた末石さんは、コロナをきっかけに初めて聞いた「地域おこし協力隊」として着任。初めて知った大石田町へも「同じ日本だし」と気負うことなく赴任したそうです。さまざまな活動や想いを聞いて何より感動したのがおもてなしの心。いらした方に気持ちよく過ごして帰ってもらえるように、観光客向け、受け入れる側向けと両方向の態勢づくりに余念がありません。なにより協力隊としての任期も見据え将来にむけた活動が、観光資源発信にとどまらない町の魅力の底上げにつながっていくと感じました。
大石田町は虹がよく見られ、しかも半円の美しいしっかりした虹が多いので「虹の町」がキャッチフレーズとのこと。自然が多い分、夜空の星も驚くほどきれいに見えるそうです。取材後、軽くにわか雨が降ったので思わず見上げると、本当に虹が、しかも二重にかかっていました。
大石田町の魅力を伝えるべくさまざまな仕掛けに取り組む末石さん。これからも発信していく「大石田だからこそ」が架け橋となり、山形・日本・世界を美しい虹のようにさまざまな色合いで繋いでいくのが楽しみです。
 
-地域おこし協力隊 末石靖知さん-
初めて大石田に来た昨年3月、新幹線の窓から見える雪の量がどんどん増えていくのが印象深かったです。大石田は舟運文化で栄えた町で他所から来た人に対してもウェルカム感がとても強くすんなり受け入れてもらえました。着物で町内を歩くと皆さん声をかけてくださって、あちこち寄り道ばかり(笑)。でも大石田について知ることができますし、仕事のヒントも出てきて楽しいですし、皆さんに覚えていただけて嬉しいです。言葉もだいぶ覚えてきました(笑)
最初は大石田を知ることから始めました。町民の皆さんにとっては当たり前でも、海外や都市部の方には魅力的なものがあります。また、大石田駅を利用する観光客の客層や目的など調査をしました。その結果をもとに2年目の現在、商品開発やツアー開発をしています。鳥のさえずりや風のざわめきしか感じられない空間もよそにはない価値だと知ってほしいですね。
一番大事にしているのは気持ちよく帰ってもらうこと。山形に来てよかった、と思っていただけるよう環境整備に力を入れています。海外の方に話しかけられると聞く前にNO!となってしまいがちです。そういった先入観の垣根をはずせるよう、指差しでもある程度会話ができるツールを用意しています。それぞれの店で聞かれるような内容で使ってもらえるようにしています。また、例えば食べられないといった場合に好き嫌いではなくいろいろな考え方や文化的背景、宗教的なものもあるので、対応の可否は別としてその理解をお願いしています。海外の方をお迎えする際、いらした方への気配りだけではなく、受け入れ態勢を整えることがとても大事だと思います。地域おこし協力隊の任期は最長3年。その後も旅行客は来ます。私の去就に関わらずお迎えできるように基本的な土壌づくりをしていきます。
今後は大石田発銀山温泉ツアーなど、ツアーをしていきたいですね。冬場はバスに乗り切れない方もでてくるので私が少しでもご案内できればと。これから海外の方も少しずつ来られるようになるでしょうから、今から楽しみです。

2022.10.24

町の未来へ走り続ける 観光に、産業に大活躍!ダチョウの魅力

2022.09.22

美しく懐かしい日本の原風景。 守る、つなぐ。棚田百選黄金色の風が渡る大蕨の棚田

2022.08.22

自然と調和した情緒ある美しい景観を歩く 〜地域に守られ受け継がれる 屋敷群と黒塀の町並み〜

2022.07.15

山形県内最古の歴史が花開く100周年! 〜水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会〜

2022.08.18

やまがたの街9月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part2

2022.08.18

やまがたの街9月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part1

2022.07.19

やまがたの街8月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part2

2022.07.19

やまがたの街8月号特集企画「プロに聞きたい!○○のコト教えて!」Part1

2022.07.15

作ってみよう!ミニレシピ

2022.06.20

【7月号の読者投稿】我が家のペット自慢

2022.06.15

夏を楽しめ!乗りこなせ! 尾花沢・徳良湖パンプトラック

2022.05.20

1500年以上地域を見守り 豊かな心を育む「東の横綱」大けやき

2022.05.20

【6月号の読者投稿】ピクニック 弁当

2022.04.14

芸人として移住し自ら切り拓いた新境地・受け入れられる居心地の良さ やまがたの人と農業に魅せられて

2022.04.14

【5月号の読者投稿】おすすめ桜ショット!

2022.03.18

【4月号の読者投稿♪】新生活応援!うちのお弁当の人気おかず

2022.03.16

煌びやかに繰り広げられる盤上の合戦 将棋のまち天童を満喫し いざ勝負、「人間将棋」

やまがたの街の情報はSNSでも配信中!