山形でHAPPYに暮らすための地域情報ポータルサイト
エリア情報
1013
店舗
0299
商品
0300
クーポン
0020
イベント
0183
採用情報
0061
街の声
0128
記念日
0002
特集コラム
0040

2022.07.15

【8月号巻頭特集】大江町

複数個所から打ち上げられる花火

期間中行われる青竹ちょうちん祭り

薄闇が迫る中始まる灯ろう流し。幻想的な世界が広がります

大江町 地域振興課 観光振興係長 清野能史さん

カウントダウンで打ち上げられた花火

20号玉と10号玉の実物大募金箱。20号は大江町役場入口で体感できます

マンホールのふたにも花火。役場や左沢駅付近で探そう

橋の欄干にも。左沢橋を要チェック!

山形県内最古の歴史が花開く100周年!
〜水郷大江夏まつり 灯ろう流し花火大会〜
 
華やかで迫力ある花火と鎮魂と祈りの灯ろう流し
県内最古の歴史を誇る「水郷大江夏まつり灯ろう流し花火大会」が、今年100周年を迎えます。県内初の重要文化的景観に選定された、最上川を含めた自然と歴史・生活が融合した風景の中、上空には迫力あり心浮き立つ花火が、川面には灯ろう流しの幻想的な灯りがゆらめきます。
花火は町内の楯山公園、柏瀞、千本原3か所から約4,000発打ち上げられます。複数個所を活かした連続花火や同時打ち上げはまさに圧巻。今年はさらに2尺玉(20号)を例年より増やすそうで、夜空一杯に煌めく花火と身体に響く音を全身で感じられそうです。また、水難者供養から始まったとされる灯ろう流しも、今年は町内の子ども達だけではなく全戸の協力で例年より多い約3,000個用意され、故人を偲ぶ想いや願いを乗せて流されます。他にも100周年記念としてヘリコプター遊覧や熱気球の搭乗体験(要事前予約)、記念品販売などもあるそうです。熱気球は夜間も予定されているので、普段とは違った視点から花火を楽しめそうですね。
華やかな花火と祈りの灯ろう流し、それらを伝えてきた100年の歴史は次の100年への一歩を踏み出します。花火と歴史の大江町を散策し、花火大会と灯ろう流しの風情を楽しんでみませんか。
 
 
花火~カウントダウン50日前~(6/26)
この日は3号玉(直径9cm)と4号玉(直径12cm)が打ち上げられました。打ち上げの勢いでひっくり返らないようにがっちり固定し、遠隔操作で点火します。大江町の花火大会のように3か所同時打ち上げは珍しいとのこと。本番は2社合同で行い、花火師約18、9名で対応するそうです。目玉の2尺玉(20号)は直径60cm!約70kgが上空500mまで上がり、480mの大輪の花を咲かせます。

情緒あふれ体で迫力を感じられる“光と音と水の饗宴”
 
ー大江町 地域振興課観光振興係長  清野能史さん
今年は記念すべき100周年を迎え、「百世不磨」をテーマに設けました。100年200年とさらに継承していきたいという想いを込めています。
大江の花火大会は水難者供養を起源とし、灯ろう流しから始まりました。山形の母なる川最上川を彩る灯ろうと頭上に広がる迫力ある花火。大江町の花火は特に派手ではありませんが、とても近いところで打ち上げるので、臨場感にあふれ体の芯まで響きます。打ち上げ地点の一つの楯山にある朝日少年自然の家は、眼下の柏瀞から打ち上げた花火がちょうど目の前に上がり球体がよくわかるので人気のポイントです。特にフィナーレの2尺玉があがった時の皆さんの歓声はとても心に響き、枝垂れに消えていく風情とともに余韻に浸ってしまいます。
今回は100周年記念事業としてヘリコプター遊覧や熱気球搭乗なども企画しています。昨年は無観客開催だったため初めてライブ配信をしたところ、大江町出身で遠方に離れてしまった方からメールや電話で懐かしい、帰れなかったが見られてよかったという声が寄せられました。今年も昨年同様ライブ配信で遠方の方にも見ていただきたいと思います。コロナ禍でも途絶えさせることなく続けてきた思いをつなぎ、大会が次の200年に繋がるように守っていかなければと思いますので、ぜひ応援をお願いします。
県内最古の100年の歴史を誇る大会なので、コロナ対策を万全にして皆さんにご来場いただければと思います。五臓六腑に染み渡る迫力ある、かつ情緒的な光と音と水の饗宴をお楽しみください。

やまがたの街の情報はSNSでも配信中!