山形でHAPPYに暮らすための地域情報ポータルサイト
エリア情報
0982
店舗
0293
商品
0300
クーポン
0037
イベント
0171
採用情報
0048
街の声
0128
記念日
0002
特集コラム
0040

2022.10.24

【11月号巻頭特集】朝日町

展示圃では群れごとにのびのびと。

黒っぽいのがオス、灰色っぽいのがメスとのこと。 オスは繁殖期になると顔や足が赤みを帯びる

有限会社山形朝日オーストリッチ産業センター 販促営業係長 鈴木 正浩さん

有限会社山形朝日オーストリッチ産業センター 朝日町健康工房 ロイフェン 総合管理課長 熊谷 良作さん

エサはおから・牧草などに町特産のリンゴを混ぜ発酵させたサイレージを1日約2kg+新鮮な草などを食べる

取材前日に生まれた卵。約15cm・1.5㎏とずっしり重く鶏卵20個分ほど。殻は厚さ2~3mmで丈夫

茶にみえるのが細かくしたリンゴ。サイレージにすることで一年を通して一定の質で与えられる

希少なダチョウ肉を使用した加工品。2019日本食肉加工コンテスト金賞や第1回山形のうまいものファインフードコンテスト優秀賞を受賞。他にも豚肉のフランクフルトなどの加工品あり。

朝日町健康工房 手造りハム、ソーセージ ロイフェン

町の未来へ走り続ける
観光に、産業に大活躍!ダチョウの魅力
 
様々な魅力たっぷり。愛嬌あるダチョウに会いにいこう
ひょろんと長い首、わっさわっさと揺れる羽。世界最大の鳥ダチョウは、今日も朝日町の自然の中でのびのび育っています。
平成10年、朝日町の産業としてダチョウが導入されました。町内の有休農地を活用した放牧地は「オーストリッチ展示圃」としてすっかり根付いており、自由に見学することができます。
もともと南アフリカから導入されたダチョウは暑いところに生息するイメージですが、実は朝晩の寒暖差が激しい地域のため、暑さにも寒さにも強いのだそうです。長い首をひょこひょこ動かしとても愛嬌がありますが、実は臆病な一面も。物音に驚くと自慢の強靭な脚力で一斉に走り出してしまうこともあるので、注意が必要です。
そんなダチョウの肉は貴重ですが、他の肉と比べてヘルシー!低脂肪・低カロリー・高たんぱくで、しかも赤身なので鉄分やミネラルなども豊富だそうです。
この秋、紅葉やダチョウ見学を楽しみながら、たわわに実るリンゴと特産のリンゴを食べて育ったこだわりの「アップル路鳥(ぢどり)」を味わいに行きませんか。
 
 
-鈴木さん
平成15、6年頃から飼育に携わるようになりました。ダチョウ飼育はなかなか経験できないので良かったのですが、放し飼いなので最初は怖かったですね。脚がとても強いので蹴られると大変なことになります。
朝日町特産のリンゴを混ぜたサイレージという発酵飼料を与えて育て、だいたい6か月目位から放牧、1年半くらいで出荷しています。飼育方法を確立するまでが大変でした。ヒナは特にストレスに弱く、気温や湿度、また過保護な世話もストレスになるようですぐに死んでしまうので気を遣います。
今放牧しているのは16羽で、大きいものは2.2m、体重は130~140kg位あります。孵化時はおおよそ20cm・800gで、ほぼ1年で約2m・100kgまで成長します。産卵時期は4月~10月で数日に1回ほど、雨の時期や湿度が高かったりするとあまり産卵しなくなります。
ダチョウには縄張り意識があるので成長時期ごとに分けています。よく見るとみんな顔が違うのでだいたい見分けがつきますよ。頭の大きさに比べて目がとても大きいところがかわいいです。まつげも長いんですよ。砂のうにエサをすりつぶすための胃石があり、鶏は砂などですが、ダチョウは砂利で2cmくらいあることも。足が速いので走られると追いつけないです(笑)。
これだけ身近で飼っているダチョウもあまり見られないと思うので、これからリンゴの時期ですし、冬場も放牧していますのでぜひ朝日町にきて朝日町を楽しんでください。
 
 
-熊谷さん希少なダチョウをメインに豚肉の加工品生産をしています。飼育から生産・販売まで一貫して行っているのは珍しいと思います。
朝日町のダチョウ肉は「アップル路鳥(ぢどり)」。リンゴの町でリンゴ畑に囲まれてリンゴを食べて育ち、リンゴの木でスモークしてできるというストーリー性(道筋=路)を持たせ、鶏ではなく鳥。そこからアップル路鳥が生まれました。
最初は飼育に携わり、実地研修で豚肉加工を学んでから現在の自社加工をしています。飼育から加工まですべての工程を経験して大変なこともわかったので、希少なダチョウ肉を無駄なく生かし、おいしいものをお客様に届けたいという気持ちでやっています。
ダチョウは低脂肪低カロリーでヘルシー。脂分が少ない分、焼いた時にパサつかないよう加工に工夫しています。その挑戦が食肉加工コンテストの金賞として認められとても嬉しかったです。ダチョウ肉での受賞はかなり珍しいそうで、今まで見慣れない肉の加工品に手が伸びなかったお客様が手に取ってくれるきっかけになったと思います。
他にも卵はお菓子やアイスクリームなどの加工品として町内で楽しめます。またダチョウの油とリンゴ果汁など、天然素材だけで作った石鹸もあります。
これからも情報収集をして新商品の開発を意識しつつ、安心安全なものを作って皆さんに提供していきます。

やまがたの街の情報はSNSでも配信中!