山形でHAPPYに暮らすための地域情報ポータルサイト
エリア情報
1071
店舗
0308
商品
0318
クーポン
0030
イベント
0214
採用情報
0057
街の声
0130
記念日
0002
やまがたの街の話題・記事
0042

2022.12.14

芸術文化をもっと身近に。生き生きと表現することを楽しむ 新庄市子ども芸術学校

左上:新庄吹奏楽団ジュニア部 右上:キッズシアターS 左下:ちゃれんこ 右下:パレット

新庄吹奏楽団ジュニア部 佐藤明さん

キッズシアターS/津藤倫仁さん

ちゃれんこ/小向凛音さん

パレット/武田彩維流さん

各部門の活動のようす

芸術文化をもっと身近に
生き生きと表現することを楽しむ
新庄市子ども芸術学校
 
豊かな感情表現と自由な発想を大切にのびのびと楽しむ子ども達
「こんにちはあ!」元気なあいさつとともに、子どもたちが集まってきます。
新庄市には、特色ある活動を行う新庄市子ども芸術学校があります。表現する楽しさを体験することで芸術文化に親しむ気持ちを育てることを目的に平成20年から行っているそうで、演劇、吹奏楽、表現活動、造形の4つの部門にわかれて活動しています。
活動内容は違っても共通していたのは子どもたちのキラキラした目!最初は取材で緊張していた様子もありましたが、活動に入ると楽しそうに生き生きと、でも真剣な表情で集中して取り組んでいました。新庄市だけでなく最上地域から集まってきた子ども達には、学校も学年も関係ありません。一緒に活動する仲間としてのびのびと積極的に、また刺激を受けながら自分らしく表現することを楽しんでいる様子が印象的でした。
コミュニケーションや豊かな自己表現の大切さはよく謳われます。今回子ども達がそれらを自然に体現できているのは、年月を積み重ねて土壌ができていることと、自由な発想を大切に見守り伸ばす指導者の姿勢が支えているからと感じました。卒業生が指導者になっているケースもあるそうで、ますます地域全体に文化が根付き、広がっていくでしょう。これからの子ども達の活躍がとても楽しみです。

-吹奏楽部門- 新庄吹奏楽団ジュニア部
テナーサックスを担当しています。小さい頃からピアノはしていたのですが、楽しそうだなと思って小学校5、6年生くらいから参加しました。練習の機会も増えるし、新庄吹奏楽団の先生方からもアドバイスを頂けるので上達につながって良かったです。定期演奏会に参加したのが一番の思い出でとても楽しかったし自分にプラスになったと思います。中学3年で最後の年ですが、これからも吹奏楽を続けてたくさん吹いていきたいです。
(真室川中3年 佐藤明さん)
 
中学生は吹奏楽部もいますが、小学生は初心者ばかりなのでそれぞれにあった練習方法で活動しています。基礎練習を大切にしており、年度途中からでも参加できるので見学にきてくれる子もいます。皆で音を奏でて一つのものができる喜びや達成感を大事にしてもらえればと思って指導しています。ジュニア部卒業後も高校、大学と音楽に携わり活躍している様子を見ると嬉しくなりますね。今後は吹奏楽のコンクールにもジュニア部として参加できればいいなと考えています。(新庄吹奏楽団 根田愛さん)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-演劇部門- キッズシアターS
父が入っている東北幻夜の方が教えているのを知り興味を持ちました。小学3年生から参加して、セリフを覚えて大きな声で言ったり動きを付けたりできるようになりました。演技もできるようになったと思います。普段の生活でも少し大きな声で話せるようになりました。前は演劇は見るものでしたが、自分で演技をする経験ができて、裏側も知れてよかったです。他の学校の人とも仲良くなりました。将来は学んだ演劇をうまく活用できるような仕事をしてみたいです。(舟形中1年 津藤倫仁さん)
 
演劇を通して学校生活でも堂々と発表できるようになったという話も聞きます。他の学校の子どもとの交流や大人の劇団員が携わることもあり、さまざまな年齢の方と触れ合うことも経験になっていると思います。大人の劇団のようにクオリティを追求する作品本位ではなく、子ども達の体験を一番に考えて演出や指導をしています。総合芸術と言われる演劇を通して、さまざまな人たちと協力し知識をだしあって作り上げるということを学んでほしいです。(東北幻野・株式会社宮城 都市由希野さん)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
-表現活動部門- ちゃれんこ
小さい頃から母についてきて参加していましたが、1年生から本格的にはじめました。学校はバラバラだけどみんなとても仲が良くて元気よく活動しているところが楽しいです。6年間やってきたので、ダンスも大きくカッコよく踊れるようになってきました。先生が休みの時は6年生で協力して低学年に教えたりすることもあります。ダンスは楽しいので中学に行っても続けたいし、ダンスチームに入ったりしてみたいです。楽しいのでたくさんの人に参加してほしいと思います。(明倫学園6年 小向凛音さん)
 
私自身も子どもの頃に参加していました。もともと子どもの居場所づくりを目的にできた団体なので、学校に関係なく深い繋がりを見せて活動に参加し、街で会った時も声をかけあう姿を見るとあたたかい繋がりができていることに嬉しくなります。指導のときは安全面と健康面を一番に、孤立しない仲間づくりを意識しています。ややもすると恥ずかしがったりなかなか自分を出せずにいたりする子もいるので、臆することなく自分を表現できる子どもを育てていきたいと思います。(スタッフ 小向今日子さん )
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
-造形部門- パレット
もともと図工がすきで面白そうだと思って3年生から参加しています。特に絵を描くのが好きで、ここでは事前に材料など用意してもらえるのでやりやすいです。一番楽しかったのは白いTシャツに絵を描いてオリジナルシャツを作ったことで、布や他のものに描いたことがなかったので、新しい経験ができました。違う学校の人や違う学年の人の作品が見られるのも面白いです。これからも絵を描くことを大切にして、もっと上達して絵を描く有名な画家になりたいです。(明倫学園4年 武田彩維流さん)
 
工作が好きな子が多いので、自分から進んで材料を使って自己表現活動をしています。教えることはせず危険な時以外はそのまま応援するスタンスを大事に、子ども達の自主性や自由な発想を認め褒めるようにしています。この活動を通して、表現の面白さを知り自分を表す力をもってほしいと思います。素材を自分のものにし自己表現できれば、その楽しみが継続されやがて芸術の素養に繋がるかなと。まずは学校の外だからできる素材を楽しむところから体験してほしいです。(スタッフ 本木京一さん)
 
22.12.12※掲載記事や写真の無断転用は許可しておりません。ご了承ください。

やまがたの街の情報はSNSでも配信中!